特集

阪神大震災

1995年1月17日に発生した阪神大震災。戦後初の大都市直下型地震が残した教訓・課題は今――。

特集一覧

阪神大震災

命の大切さ、改めて思い 慰霊碑前で追悼法会 高野 /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
慰霊碑前で追悼法会を営む僧侶ら=和歌山県高野町の高野山奥之院で、藤原弘撮影
慰霊碑前で追悼法会を営む僧侶ら=和歌山県高野町の高野山奥之院で、藤原弘撮影

 高野町の高野山奥之院に建立されている「阪神・淡路大震災物故者慰霊碑」前で17日、追悼法会があり、僧侶ら約30人が読経し、犠牲者の冥福を祈った。

 慰霊碑は震災翌年に建てられ、高野山真言宗総本山金剛峯寺が毎年この日、法会を営んできた。慰霊碑前には焼香台が設けられた。愛知県一宮市の男性介護士(39)は「…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

【阪神大震災】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集