連載

検証

ニュースの背景を解説、深掘りリポート。

連載一覧

検証

新経営体制発表 みずほ、風土改革なるか 人事に残る旧行意識

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 傘下のみずほ銀行でシステム障害が相次いだみずほフィナンシャルグループ(FG)が17日、新たな経営体制を発表した。改めて再発防止策を盛り込んだ業務改善計画も公表。システム部門の人員増強などを盛り込んだ。みずほは、金融庁に「言うべきことを言わない、言われたことだけしかしない」と企業体質の問題を指摘されたが、新経営陣は果たしてそれを転換できるのか。

 みずほFGは同日、引責辞任する坂井辰史社長(62)の後任に木原正裕執行役(56)を昇格させる人事を発表した。同じく退任するみずほ銀の藤原弘治頭取(60)とFGの佐藤康博会長(69)の後任には、それぞれ加藤勝彦副頭取(56)、今井誠司FG副社長(59)が就く。就任は木原氏が2月1日付、加藤氏と今井氏は4月1日付。坂井氏が体調不良のため木原氏の就任を当初予定の4月から前倒しした。

この記事は有料記事です。

残り2010文字(全文2373文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集