UAE首都に無人機攻撃か 3人死亡 親イラン・フーシ派が実行主張

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アラブ首長国連邦のアブダビ国際空港を撮影したプラネット・ラボ社の衛星画像=2021年12月8日、AP
アラブ首長国連邦のアブダビ国際空港を撮影したプラネット・ラボ社の衛星画像=2021年12月8日、AP

 アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで17日、無人機によるとみられる攻撃があり、3人が死亡、6人が負傷した。国営石油会社の燃料貯蔵施設近くで爆発が起きたほか、アブダビ国際空港内の建設現場で小規模な火災が発生した。国営首長国通信が伝えた。イエメンの親イラン武装組織フーシ派は「軍事作戦を実施した」と主張した。

 UAEは、イエメン内戦でフーシ派と交戦するサウジアラビア主導の連合軍に加わり、フーシ派と敵対する勢力を支援している。フーシ派は無人機を使いサウジ領内への攻撃を行っているが、アブダビが標的となるのは珍しい。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文460文字)

あわせて読みたい

ニュース特集