インドネシアの新首都名は「ヌサンタラ」 意味は…

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首都移転先である東カリマンタン州クタイ・クルタヌガラ県の草地。牛がのんびりと草をはんでいた=2019年12月6日午後0時14分、金子淳撮影
首都移転先である東カリマンタン州クタイ・クルタヌガラ県の草地。牛がのんびりと草をはんでいた=2019年12月6日午後0時14分、金子淳撮影

 インドネシアのジョコ政権が計画しているジャカルタからカリマンタン島(ボルネオ島)東部への首都移転について、スハルソ国家開発企画庁長官は17日、新首都名を「ヌサンタラ」とする方針を明らかにした。地元メディアが伝えた。

 ヌサンタラは「群島」を意味し、世界最大の島しょ国家インドネシアを象徴する際によく使われる。

 スハルソ氏によると、言語学者や歴史学者らが提案した80以上の候補名から選ばれ、ジョコ大統領が14日に同意した。国会で審議中の新首都法案に盛り込まれる見込み。選定理由について「以前から国際的に知られ、インドネシアを簡潔に表している」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文435文字)

あわせて読みたい

ニュース特集