「インスタ映え」もっと 奈良金魚ミュージアムに6スポット新設

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
500個の金魚ちょうちんを飾った「五百金魚」=奈良市二条大路南1の奈良金魚ミュージアムで、加藤佑輔撮影
500個の金魚ちょうちんを飾った「五百金魚」=奈良市二条大路南1の奈良金魚ミュージアムで、加藤佑輔撮影

 奈良市二条大路南1の商業施設「ミ・ナーラ」4階の「奈良金魚ミュージアム」がリニューアルオープンした。元々写真愛好家らの支持が高い施設だったことから、「より写真映えする場所に」と六つのスポットを新設。金魚をテーマにした非日常的な空間が演出されている。

 金魚ミュージアムは、2018年4月の「ミ・ナーラ」開業と同時にオープン。大和郡山市名産の金魚にちなんだ施設で、写真投稿アプリ「インスタグラム」で映える「インスタ映え」スポットとしても知られる。21年4月に面積を従来の2倍(約1650平方メートル)に拡張、2回目のリニューアルとなる今回、さらに350平方メートルを追加し、約2000平方メートルとなった。

 特に来場者から人気が高いのは、金魚の形をした500個の提灯(ちょうちん)を展示した「五百金魚」のコーナー。飾られている山口県柳井市の民芸品「金魚ちょうちん」は、職人が一つ一つ手作りしたものだという。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文767文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集