期限間近の食品を安く購入、ロス削減へ 甲府市が新サービス

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
甲府市
甲府市

 食品ロスの削減に向け、甲府市は17日、賞味期限間近の食品を消費者が安価に購入できるマッチングサービス「甲府タベスケ」を2月から導入すると発表した。市内の精肉店や青果店などが売れ残りそうな食品を出品し、消費者がサービスを介して予約購入する仕組みで、関東甲信越では初の導入という。【梅田啓祐】

 「タベスケ」は株式会社G―Place(京都府長岡京市)が運営する自治体向けのフードシェアリングサービス。食品廃棄物量の削減や市民の環境意識の醸成につなげる狙いで、既に兵庫県姫路市と長崎県佐世保市が取り入れており、三重県桑名市も甲府市と同じ2月に導入する予…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集