特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

オミクロン株、急拡大 警戒レベルを上げる医療機関や企業

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
入院患者の状況を共有する病院スタッフ。濃厚接触者となり出勤できないスタッフも出てきている=北九州市立八幡病院で2022年1月18日午後4時37分、浅野翔太郎撮影
入院患者の状況を共有する病院スタッフ。濃厚接触者となり出勤できないスタッフも出てきている=北九州市立八幡病院で2022年1月18日午後4時37分、浅野翔太郎撮影

 新型コロナウイルスの全国の感染者数が18日、「第5波」のピークを上回り3万人を突破した。新変異株「オミクロン株」の出現でこれまでにないスピードで感染が拡大し、職場や学校などにまたもウイルスが忍び寄る。「第6波」の増加局面がいつまで続くか見通せないなか、医療機関や企業などは警戒レベルを上げている。

 18日は各地で1日の新規感染者数の過去最多を更新し、九州では福岡県(1338人)、佐賀県(222人)、長崎県(290人)、熊本県(608人)、宮崎県(160人)と7県中5県に上った。

 感染者や濃厚接触者が急増し業務に影響するケースも出始めている。鹿児島県観光課では14日から17日にかけて職員6人の感染が判明し、県庁で初となるクラスター(感染者集団)が発生。残る課員34人も全員が濃厚接触者とされ、24日まで自宅待機を余儀なくされる事態に陥った。

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1505文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集