特集

北京オリンピック2022

北京冬季オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

スポーツの今

宮田スケートクラブ 「遅咲きの大輪」咲かせた 信州の名伯楽

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ジュニア選手にスケート技術を指導する新谷純夫代表(右端)=長野県岡谷市のやまびこ国際スケートセンターで2021年12月21日午後8時48分、高橋秀明撮影
ジュニア選手にスケート技術を指導する新谷純夫代表(右端)=長野県岡谷市のやまびこ国際スケートセンターで2021年12月21日午後8時48分、高橋秀明撮影

 2月4日に開幕する北京冬季オリンピックのスピードスケート女子500メートルで連覇が懸かる小平奈緒(35)=相沢病院=が、かつて所属したのが宮田スケートクラブ(長野県宮田村)だ。小平が遅咲きの花を咲かせた裏には、名伯楽の揺るぎない育成理念があった。

 昨年12月下旬、長野県岡谷市のやまびこ国際スケートセンター。冬期の練習拠点であるこのリンクは標高が1000メートル近く、山を登る途中から諏訪湖が一望できる。クラブの新谷純夫(しんやすみお)代表(71)は「小平が育ったのも茅野市の標高1000メートルほどの所。下で育った子供よりも心肺機能は高かったと思う」と振り返る。

 小平は、後にそろって2010年バンクーバー五輪に出場することになる新谷代表の長女志保美さんらとともに、中学時代にクラブで指導を受け始めた。中2の時には全日本ジュニア選手権を制覇したが、新谷代表は「持久力とパワーは並外れていたが、技術的には下手だった。この子は時間をかけたほうがいいと思った」と述懐する。

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1210文字)

【北京オリンピック2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集