特集

第71期王将戦

第71期王将戦は藤井聡太竜王が渡辺明王将に4連勝し、王将位を奪取、史上最年少の5冠を達成。棋譜詳報は棋譜・対局結果にて。

特集一覧

将棋

王将戦 頂上決戦、盤外編 勝者の記念撮影

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 渡辺明王将(37)に藤井聡太竜王(19)が挑む、第71期ALSOK杯王将戦七番勝負は22日、大阪府高槻市で第2局が始まる。この王将戦には30年以上続く「勝者の記念撮影」という恒例行事があるのをご存じだろうか。対局を制した後、主催のスポーツニッポン紙上を飾るユニークな演出の写真をいう。その歴史を振り返ってみた。

 「30年以上前なので、撮影の経緯までは覚えていません。それまでの王将は中原(誠・十六世名人)先生や米長(邦雄・永世棋聖)先生と大棋士ばかりだったのが、期待の若手だった私が王将になったので頼みやすかったんでしょう」

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1737文字)

【第71期王将戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集