小貝川堤防決壊40年 高校生、被災地巡る 龍ケ崎 /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小貝川堤防決壊跡で当時の模様を聞く生徒たち=茨城県龍ケ崎市川原代町で2022年1月15日、庭木茂視撮影
小貝川堤防決壊跡で当時の模様を聞く生徒たち=茨城県龍ケ崎市川原代町で2022年1月15日、庭木茂視撮影

 台風による増水で龍ケ崎市内に大きな被害が発生した1981年の小貝川堤防決壊から40年を迎え、市は被災地を巡るワークショップを開いた。

 ワークショップには市内4高校の生徒9人が参加。生徒たちは浸水家屋を訪れるなどして、被災者らから災害について聞いた。当時の市職員、倉持進さん(68)は、当日は晴天だっ…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

あわせて読みたい

ニュース特集