連載

ひと人

大阪府で活躍する人を紹介します

連載一覧

ひと人

PCR検査の拡充重要 分子生物学の専門家として発信 国立遺伝学研究所・川上浩一教授=和歌山出身、箕面育ち /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国立遺伝学研究所の川上浩一教授=本人提供
国立遺伝学研究所の川上浩一教授=本人提供

川上浩一教授(61)

 分子生物学者として、ゼブラフィッシュの研究で多くの業績を上げてきた。40年近く生物のDNAやRNAを扱ってきた経験から、新型コロナウイルス対策では、PCR検査を受ける機会を増やすべきだと発信を続けている。

 昨年末、変異株「オミクロン株」の水際対策として、政府が空港検疫で主に抗原定量検査を利用することを知り、「PCR検査に比べて感度が低く、コストも高い抗原定量検査を使う理由が分からない。検査時間も遜色ないものだ」と感じた。ツイッターで空港検疫をPCR検査にするように何度も発信し、問題点を指摘した。結果的に空港検疫はほぼ変わらなかったが、2年前の感染拡大初期と比べれば、PCR検査を受けられる機会は増えてきている。

 和歌山県に生まれ、1歳から小2まで箕面市で過ごした。「原っぱや小川があって、友達とザリガニ釣りをした。セミ採りも自分で工夫して全く採れなかった次の年には虫かごいっぱいに採れた」と振り返る。自然の不思議に魅了された幼少期の経験が、研究者人生を歩む一つのきっかけになったという。

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1231文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集