室町期の清酒造り今に 正暦寺で菩提酛仕込む 奈良 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
清酒祭で、蒸し上がった酒米を取り出す蔵元ら=奈良市の正暦寺で、共同
清酒祭で、蒸し上がった酒米を取り出す蔵元ら=奈良市の正暦寺で、共同

 清酒発祥の地とされる奈良市の正暦寺で9日、室町時代の手法で清酒のもとになる「菩提酛(ぼだいもと)」を仕込む清酒祭があった。

 正暦寺では室町時代を中心に約200年、酒造りが続いたが、寺領を減らされるなどして途絶えた。1999年に寺と蔵元、県が当時の製法を復活させ、冬の風物詩になっている。

 寺の湧き水から取り出した乳酸菌と生米を…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文343文字)

あわせて読みたい

ニュース特集