自民・高市氏、「佐渡島の金山」世界遺産推薦を政府に要求

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党の高市早苗政調会長
自民党の高市早苗政調会長

 自民党の高市早苗政調会長は19日の記者会見で、「佐渡島(さど)の金山」(新潟県佐渡市)について、2023年の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録に向けた推薦期限となる2月1日までに推薦を決めるよう政府に求めた。「日本国の名誉に関わる問題だ。政府は登録に向けて本気でがんばってほしい」と述べた。

 佐渡島の金山を巡っては、文化審議会が21年12月28日、世界文化遺産に推薦する候補に選定したが、文化庁は「候補の選定は推薦の決定ではない」と説明。かつて朝鮮半島出身者が働いていたとの記録が残っており、韓国政府は強制労働の現場だったとして候補選定に反発している。

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文386文字)

あわせて読みたい

ニュース特集