特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

パイプライン稼働中止除外せず 露のウクライナ侵攻巡り 独首相

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドイツのショルツ首相=1月13日、AP
ドイツのショルツ首相=1月13日、AP

 ドイツのショルツ首相は18日、緊迫するウクライナ情勢を巡り、ロシアが侵攻に踏み切れば「高い代償を払うことになる」と述べ、ロシア産天然ガスをドイツに送るパイプライン「ノルド・ストリーム2(NS2)」を稼働させない選択肢も除外しない考えを示した。

 NS2は2021年9月に完成したが、独規制当局が11月に認可手続きの一時停止を発表し、稼働していない。これまでショルツ氏は「民間プロジェクト」であるとして、稼働中止について明言を避けてきた。DP…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集