オオワシが鉛中毒死 エゾシカ猟の違法銃弾のみ込む? 北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鉛中毒に苦しみ、奇声を上げながら死んでいったというオオワシ=猛禽類医学研究所で2022年1月17日(環境省提供)
鉛中毒に苦しみ、奇声を上げながら死んでいったというオオワシ=猛禽類医学研究所で2022年1月17日(環境省提供)

 国の天然記念物に指定されているオオワシ1羽が、北海道浦河町内で17日に保護された後に鉛中毒で死んでいたことが環境省北海道地方環境事務所への取材で判明した。鉛弾で違法に狩猟されたエゾシカを食べたとみられ、鉛中毒の確認は今猟期で初めてという。

 狩猟で使われる鉛弾をのみ込んで引き起こされる猛禽(もうきん)類の鉛中毒を巡っては、2021年9月に小泉進次郎環境相(当時)が30年度をめどに発生をゼロとする目標を表明。25年度から全国的な鉛弾の使用規制を段階的に導入する方針が示されたばかりで、同…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

あわせて読みたい

ニュース特集