荒川区議、同性カップル巡るツイートで波紋

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
荒川区役所=小川信撮影
荒川区役所=小川信撮影

 東京都荒川区の区議が同性カップルらを区が公的に認証するパートナーシップ制度に反対し、「同性カップルには子供を産み次世代に引き継ぐ可能性は有りません」とツイッター上で発信し、波紋を広げている。同性カップルには、精子提供を受けて子供を産み育てているケースもあり、「多様な家族の実態を知った上で発言してほしい」との批判もある。【南茂芽育】

 発信したのは、荒川区の小坂英二区議(49)=5期目。同区が4月から同性パートナーシップ制度の導入を予定していることに反対しており、1月13日に「男女の結婚という『標準的な形』を保護し法制度に位置付けるというラインを踏み外してはなりません」ともツイートしている。

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1165文字)

あわせて読みたい

ニュース特集