受動喫煙対策先進市で喫煙所設置決議 奈良・香芝 反対の動きも

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2018年に市庁舎が敷地内禁煙となった際、外階段に張り出された表示=奈良県香芝市役所で
2018年に市庁舎が敷地内禁煙となった際、外階段に張り出された表示=奈良県香芝市役所で

 受動喫煙防止対策を強化した改正健康増進法の成立(2018年7月)に先駆けて議員提案で受動喫煙防止条例を定め、奈良県内12市で最も早く市庁舎(議会棟を含む)など公共施設の敷地内禁煙を実現した香芝市で、これまでとは逆行するような動きが起きている。市議会が公共の場所に屋外分煙施設(喫煙所)の設置を求める決議を可決したのだ。受動喫煙防止の“先進”自治体に、一体何があったのか。

 「健康増進法の適正な運用とさらなる増進を求める決議」で、21年12月17日、賛成多数で可決された。決議は、前提となった法改正の趣旨を「公共の場所に屋外分煙施設の設置等を推進することで、喫煙しない市民への更なる配慮が求められている」と解釈。「市の大きな安定財源とされるたばこ税の継続的・安定的な確保にも資する」として、市に屋外分煙施設の整備を求めている。

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1088文字)

あわせて読みたい

ニュース特集