「変えちゃいけないもの変えず書き続ける」 砂川文次さんに芥川賞

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
芥川賞に決まった砂川文次さん=東京都千代田区で19日、大沢瑞季撮影
芥川賞に決まった砂川文次さん=東京都千代田区で19日、大沢瑞季撮影

 「ブラックボックス」で第166回芥川賞に選ばれた砂川文次さん(31)は、受賞会見で初めてメディアの前に顔を出した。一問一答は次の通り。【五味香織/学芸部】

 ――今の気持ちを。

 ◆正直まだよく分かっていないまま、あれよあれよという形でここに来ているので、ちょっと……困っています。

 ――これまでメディアに顔を出すことなく、周りの方々にも小説を書いていることを言っていなかった。今回このような形で顔を出す所感を。

この記事は有料記事です。

残り1571文字(全文1776文字)

あわせて読みたい

ニュース特集