特集

北京パラリンピック2022

北京冬季パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

パラ見るワールド

「ネイル命」「カウボーイ」 Z世代がパラのイメージをぶっ壊す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
パラアルペンスキー日本代表の本堂杏実。ピンクのヘルメットが特徴的だ=コーセー提供
パラアルペンスキー日本代表の本堂杏実。ピンクのヘルメットが特徴的だ=コーセー提供

 1995年以降に生まれた「Z世代」。昨年の新語・流行語大賞のトップテンにもランクインしたが、かつての「新人類」のように、昭和の人間には理解されないケースも少なくない。その波は今や、北京大会に挑むパラリンピック選手にも到達している。

 「私、ネイル命なので! すごく女の子みたいなネイルをする時もあったりすれば、黒色もあったりしてバラバラ。好みのメークはピンクゴールド系で……」

 よどみなく自身の美容について語る姿はアスリートというより、「原宿女子」と変わりない。性格は超が付くほどポジティブで、口を大きく開けてよく笑う。それがアルペンスキー女子立位の本堂杏実(あんみ、25歳)=コーセー=だ。

 生まれつき左手の指がない。だが、本堂は「そもそも障害者として親が育ててこなかった。ただ手(指)がない…

この記事は有料記事です。

残り1578文字(全文1925文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集