子ども記者「末広農場」取材に熱 富里・4月オープンの観光施設 2カ月かけ広報紙に /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旧岩崎家末広別邸を見学する子ども記者=千葉県富里市で2022年1月16日、中村宰和撮影
旧岩崎家末広別邸を見学する子ども記者=千葉県富里市で2022年1月16日、中村宰和撮影

 富里市七栄に4月にオープンする観光・交流拠点施設「末広農場」の魅力を伝えようと、市内の小学5年生9人が「スクープ! 子ども記者」に任命され、取材を続けている。子ども記者は「多くの人に施設を知ってほしい」「ここに行きたいと思ってもらえる記事を書きたい」と意気込む。2カ月かけて取材し、まとめた記事は子ども広報紙として4月1日に発行される。

 末広農場は、三菱財閥の3代目総帥の岩崎久弥(1865~1955年)が晩年を過ごした国登録有形文化財の旧岩崎家末広別邸の隣接地に整備する。久弥は三菱創業者の岩崎弥太郎の長男で、三菱の社長退任後の1919年から市内で末広農場の運営に尽力した。農場は日本の農業牧畜研究に多くの功績を残したと伝えられ、新しい施設の名称に決めた。2021年12月から工事を進め、平屋建て736平方メートルで、飲食店、農畜産物…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文929文字)

あわせて読みたい

ニュース特集