厄よけ願い「鬼面札」作り 熊野那智大社でピーク 那智勝浦 /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
節分を前にピークを迎えている「鬼面札」作り=和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社で、共同
節分を前にピークを迎えている「鬼面札」作り=和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社で、共同

 那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社で2月の節分を前に、厄よけの「鬼面札」作りがピークを迎えている。赤鬼と青鬼を円形のしめ縄の中に封じ込めた絵柄の版画で、約2000枚刷る。

 神職が那智の滝の水ですった墨を版木に付け、縦35センチ、横45センチの画仙紙を載せて一枚一枚丁寧に刷り上げている。年末から予約…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

あわせて読みたい

ニュース特集