出雲国府跡から小札 奈良時代に祭祀使用? 松江 /島根

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
出雲国府跡で出土した甲冑の部品「小札」=島根県埋蔵文化財調査センター提供
出雲国府跡で出土した甲冑の部品「小札」=島根県埋蔵文化財調査センター提供

 県埋蔵文化財調査センターは、奈良時代から平安時代の史跡「出雲国府跡」(松江市大草町)で、奈良時代の甲冑(かっちゅう)を構成する板状の部品「小札(こざね)」を発見したと発表した。少量のうえ整地層から出土したため、本来の甲冑としてではなく地鎮などの祭祀(さいし)に使われた可能性があるという。奈良時代の小札の確認は県内初。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文410文字)

あわせて読みたい

ニュース特集