特集

第71期王将戦

第71期王将戦は藤井聡太竜王が渡辺明王将に4連勝し、王将位を奪取、史上最年少の5冠を達成。棋譜詳報は棋譜・対局結果にて。

特集一覧

第71期王将戦七番勝負

第1局 初陣藤井、競り勝つ 解説・神谷広志八段

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神谷広志八段=静岡県掛川市で2022年1月10日、太田圭介撮影
神谷広志八段=静岡県掛川市で2022年1月10日、太田圭介撮影

 渡辺明王将(37)に藤井聡太竜王(19)が挑戦する第71期ALSOK杯王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、ALSOK特別協賛、掛川市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、島田掛川信用金庫、ゼロの会、掛川市、囲碁・将棋チャンネル、立飛ホールディングス、森永製菓協賛)は9、10日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で行われ、藤井が139手で勝って、史上最年少王将獲得へ向けて先勝した。双方1分将棋にもつれ込んだ最終盤で藤井が競り勝った大熱戦を、神谷広志八段の解説で振り返る。【山村英樹】

 棋士になって以来、さまざまな記録を更新して活躍する藤井が、ついに王将戦の挑戦者になった。王将3連覇・通算5期の渡辺にとってみれば、いつかは来るであろう藤井の王将挑戦が現実になった。一昨年の棋聖戦で藤井に初タイトルを許し、昨年はリターンマッチを挑んだが敗退し、タイトル初防衛も許してしまった。今期王将戦は、その藤井の進撃を止める機会でもある。

この記事は有料記事です。

残り3508文字(全文3930文字)

【第71期王将戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集