特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 13都県にまん延防止 売り上げ回復に水 飲食店「時短、採算合わぬ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
開店前、二酸化炭素濃度の計測機器が置かれる会計で、予約キャンセルの電話を受ける「和食日和おさけと日本橋」の従業員=東京都中央区で19日、宮武祐希撮影
開店前、二酸化炭素濃度の計測機器が置かれる会計で、予約キャンセルの電話を受ける「和食日和おさけと日本橋」の従業員=東京都中央区で19日、宮武祐希撮影

 新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置の適用対象に、1都12県が加わることになった。東京都内では緊急事態宣言が解除された昨年10月以降、飲食店や観光地に客足が戻りつつあっただけに、店主の間には再び落胆と不安が広がっている。

 ◆日本橋

 「またか」。都内で「和食日和おさけと日本橋」など居酒屋5店舗を経営する山口直樹さん(40)はまん延防止措置適用のニュースを聞き、肩を落とした。店は感染対策を施したとして都の認証を受けており、酒類は提供できる見通しだ。それでも、感染者が急増する中で客足が減少しているうえ、午後9時までの時短営業では採算が合わないと判断し、5店のうち4店は休業するつもりだ。

 休業する4店に予約を入れていた客には、営業を続ける店舗に振り替えてもらえないか、相談しようと考えている。山口さんは「感染の拡大と縮小のたびに浮き沈みを繰り返して、振り回されてきた。こんなことがいつまで続くのか」と嘆く。

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1415文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集