全国の「過疎」自治体、初の5割超 885市町村 地方衰退深刻化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
人吉市街=熊本県人吉市で2021年6月17日午後0時27分、本社ヘリから上入来尚撮影
人吉市街=熊本県人吉市で2021年6月17日午後0時27分、本社ヘリから上入来尚撮影

 2020年の国勢調査を受け、人口減少率や財政力の法的基準に応じて「過疎地域」に指定される自治体が、22年度に全国1718市町村(東京23区を除く)の51・5%にあたる885市町村に上ることが分かった。過疎自治体が5割を超えるのは1970年の指定制度開始以降初めて。地方の衰退が深刻化し、政府の地方創生策の実効性が改めて問われるのは必至だ。

 総務省が1月に自治体に指定を通知し、政府は4月1日付の官報で公示する。

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1709文字)

あわせて読みたい

ニュース特集