メルケル氏 引退後は「ひと休み」 国連会議の議長就任要請を固辞

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドイツのメルケル前首相=念佛明奈撮影
ドイツのメルケル前首相=念佛明奈撮影

 昨年12月に政界を引退したドイツのメルケル前首相(67)が国連のグテレス事務総長から諮問会議の議長職就任を要請されたが、固辞した。DPA通信などが19日、報じた。

 同通信によると、グテレス氏はメルケル氏に新型コロナウイルスのワクチンやオゾン層などの問題を扱う国連諮問会議の議長職を打診した。メルケル氏は先週、グテレス氏に電話で感謝…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

あわせて読みたい

ニュース特集