「心を強く持った」27時間泳ぎ生還のトンガ男性、ラジオで喜び語る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
27時間にわたり泳いで生還したリサラ・フォラウさん=ブロードコム・ブロードキャスティング提供・AP
27時間にわたり泳いで生還したリサラ・フォラウさん=ブロードコム・ブロードキャスティング提供・AP

 ロイター通信によると、南太平洋・トンガ沖で15日に起きた海底火山の大規模噴火に伴う津波にさらわれた57歳のトンガ人男性が、27時間近くにわたって海を泳ぎ続け、生還を果たした。地元ラジオ局が20日、男性のインタビューを報じた。足が不自由で「赤ちゃんの方が速く歩ける」という男性。「家族が心配していると思い、心を強く持った。みんな私のために祈ってくれて感謝している」と語り、生還を喜んだ。

 ロイターなどによると、生還したのは首都ヌクアロファから北西8キロのアタタ島に住む元大工のリサラ・フォラウさん。自宅で塗装作業をしていたところ、兄から津波が来ていると知らされた。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文793文字)

あわせて読みたい

ニュース特集