「家」の中が丸見え、ガラス製の貝殻背負うヤドカリが人気 和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
体全体が見える「クリスタルヤドカリ」=すさみ町立エビとカニの水族館で2022年1月19日午後3時2分、竹内之浩撮影
体全体が見える「クリスタルヤドカリ」=すさみ町立エビとカニの水族館で2022年1月19日午後3時2分、竹内之浩撮影

 頭も尻も隠せていません――。和歌山県すさみ町江住の町立エビとカニの水族館が飼育する、透明なガラス製の貝殻を背負ったヤドカリがネット上で大人気だ。普段は見えない体の動きや構造などが分かるとあって、水族館が公式ツイッターに投稿した動画は20日現在、再生回数360万回を超えている。

 長さ約5センチのガラスの貝殻にすみついたのは、体長約7センチのイシダタミヤドカリ。23秒の動画では2匹が登場し、貝殻の中にある小さな腹肢(ふくし)を動かし、水の入れ替えをしている様子などが見ることができる。投稿した8日の夜には再生回数10…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集