東日本大震災

福島第1原発事故 5町村、国に要望書 復興拠点外の再生求め /福島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域を抱える5町村による協議会(会長・吉田数博浪江町長)は20日、特定復興再生拠点区域(復興拠点)外の再生に関する要望を、復興庁と経済産業省、環境省に提出した。協議会の要望提出は6回目で、2020年代に希望者全員を帰還させる方針を国が打ち出してからは初めて。

 要望書では、復興拠点の避難指示解除後、期間を置かずに除染に着…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

あわせて読みたい

ニュース特集