新型コロナ 3回目接種前倒し 県営会場 電話でも受け付け /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県は20日、新型コロナウイルスワクチンの県営接種会場(全4カ所)での3回目の接種対象者に対し、接種までの間隔を短縮すると発表した。65歳以上の高齢者は2回目から6カ月以上、64歳以下は7カ月以上とする。ただ、接種に必要な接種券が未着の例も多く、県は市町に希望者へ接種券を先行して発行するよう求めている。

 県営接種会場で使用するワクチンは米モデルナ社製。宇都宮市のとちぎ健康の森では15日から接種を開始し、2月前半の予約を1月26日から受け付ける。他の接種会場の予約開始日は矢板市文化会館(接種開始は29日)が24日、小山市のロブレ(同31日)が25日、ビバモール足利堀込(同2月5日)が2月1日。

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文410文字)

あわせて読みたい

ニュース特集