新型コロナ きょうから重点措置 「防止」「経済」両立協力を 知事が呼びかけ /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内では21日から、2021年4月以来2回目となる「まん延防止等重点措置」の適用が始まる。熊谷俊人知事は20日の定例記者会見で「飲食店の人数制限や営業時間の短縮など、県民には負担をかけるが、感染拡大防止と社会経済活動の維持を両立するため、協力をお願いしたい」と要請した。

 新規感染者数の増加とともに、病床使用率も上昇中。県の統計では13日に10・1%だった確保病床使用率が、19日には14・9%に上がった。熊谷知事は「医療提供体制への負荷が高まっている」と懸念を示した。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文735文字)

あわせて読みたい

ニュース特集