新型コロナ 抗原検査キット不足 需要急増 県、流通実態を調査 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
奈良県内でも一部で不足状態となっている医療用抗原検査キット=同県内の医療機関提供
奈良県内でも一部で不足状態となっている医療用抗原検査キット=同県内の医療機関提供

 新型コロナウイルスへの感染の有無を迅速に確認する「抗原検査キット」の供給が滞り、県内の一部の医療機関や薬局で不足気味になっている。感染拡大に加え、県が県民対象の無料検査を始めたことや民間検査場の拡充などで、需要が急激に増えたことが背景にあるとみられる。県医師会の安東範明会長は20日の記者会見で「(検査は)感染の有無を調べる最大の武器。それが止まってしまう恐れがあり、大問題だ」と危惧した。県はキットの流通状況の実態調査を始めた。【久保聡】

 「抗原検査キットが手に入りづらい。発熱患者への検査ができなくなる」。17日、県北部の地区医師会長に、診療所を経営する医師から窮状を訴える連絡が入った。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文897文字)

あわせて読みたい

ニュース特集