五穀豊穣願い狂言 天野の御田祭 丹生都比売神社 かつらぎ /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ユーモラスな動作に笑いも起こった「天野の御田祭」=和歌山県かつらぎ町上天野の丹生都比売神社で、藤原弘撮影
ユーモラスな動作に笑いも起こった「天野の御田祭」=和歌山県かつらぎ町上天野の丹生都比売神社で、藤原弘撮影

 かつらぎ町上天野の世界遺産、丹生都比売(にうつひめ)神社で、県無形民俗文化財の神事「天野の御田(おんだ)祭」が行われた。五穀豊穣を祈るもので、平安時代に行われた儀式が始まりと伝わる。室町時代に現在の狂言形式になったとされ、地元保存会のメンバーらが衣装や面を着けて登場し、稲作に伴う所作などを演じた。

 くわを持った「田人」と、すきを担いだ「…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文302文字)

あわせて読みたい

ニュース特集