新型コロナ 行動歴調査「3日前以降」 体制逼迫で短縮 県内4保健所 /島根

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染急拡大で保健所の体制が逼迫(ひっぱく)しているとして県感染症対策室は19日、一部の保健所では感染者の行動歴の調査期間を発症日の「2週間前以降」から「3日前以降」に短縮する方針を示した。

 県内7保健所には県などが応援職員を派遣しているが、感染拡大に歯止めがかからず、従来の積極的な疫学調査が困難になっている。県の公表資料でも、感染者の接触状…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

あわせて読みたい

ニュース特集