新型コロナ 国に「まん延防止」適用初要請へ 最多更新304人感染確認 知事「急拡大抑え込み必要」 /大分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
初の「まん延防止等重点措置」適用要請について話す広瀬知事
初の「まん延防止等重点措置」適用要請について話す広瀬知事

 県などは20日、これまでで最多となる304人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。最多更新は2日連続。県は対策本部会議で、感染状況を示す4段階のステージを2(感染漸増)から3(感染急増)に引き上げ、全市町村を適用対象に初めて「まん延防止等重点措置」を国に要請することを決めた。広瀬勝貞知事は記者会見で「感染急拡大を抑え込み、医療体制を維持する必要がある」と述べた。感染者の累計は9604人。【津島史人】

 この日の病床使用率は31・1%で前日比5・1ポイント増と上昇した。感染力の強い変異株「オミクロン株」は重症化は低いとされるものの、ここ数日は高齢者ら重症化リスクのある感染者が急増し、医療体制を圧迫する恐れが出てきた。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文786文字)

あわせて読みたい

ニュース特集