特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

米、親露のウクライナ国会議員らに制裁 政府乗っ取り活動の中心か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米ホワイトハウス=ワシントンで2019年11月、高本耕太撮影
米ホワイトハウス=ワシントンで2019年11月、高本耕太撮影

 米政府は20日、ロシアによるウクライナ社会の不安定化工作に関与したとして、ウクライナの現職国会議員2人と元当局者2人の計4人を制裁対象に指定したと発表した。ブリンケン国務長官は声明で「ウクライナ政府と連携し、ロシアの悪意のある工作を明らかにしていく」と強調。今回の制裁は、ロシアがウクライナに侵攻した場合に米欧が準備している制裁とは異なるとしている。

 財務省によると、ロシアの情報機関である連邦保安庁(FSB)などは、ウクライナの現・元職の政府関係者を工作員として採用し、ウクライナ政府の乗っ取りや重要インフラ管理の支配を準備をしているという。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文553文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集