げた履き、人力車で日本一周へ 35歳板前の「笑顔をつなぐ」旅

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
げた履きで人力車を引いて日本一周の旅に出る福浪弘和さん=2022年1月20日、兵庫県明石市の県立明石公園で大川泰弘撮影
げた履きで人力車を引いて日本一周の旅に出る福浪弘和さん=2022年1月20日、兵庫県明石市の県立明石公園で大川泰弘撮影

 兵庫県明石市の板前、福浪弘和さん(35)はげた履きで人力車を引く日本一周の旅に出る。3月13日に出発し、野宿をしながら3~4年かけて47都道府県を訪れる計画だ。世の中に新型コロナウイルス禍が暗い影を落とす今だからこそ、「人力車で笑顔をつなぐ」をテーマに、旅先で人を乗せて会話を楽しむという。

 東に向けて旅立つが、コースは気の向くまま。和食料理人の強みを生かし、食べられる野草を現地で調達して食費を浮かす。「食べられる虫はたくさんある。カブトムシの幼虫が一番うまかった」と話し、研究した昆虫食の知識もいかす。

 「あくまで趣味の旅」は費用がかかる。注文生産の人力車は190万円。特注で1足6400円のげたは10日も履くと新品と交換が必要となり、これまで120万円を投じた。いずれも、こつこつと貯蓄してきた自分の店の開店資金が原資だ。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文977文字)

あわせて読みたい

ニュース特集