特集

核兵器禁止条約

核兵器開発などを初めて全面的に禁じる核兵器禁止条約が1月22日に発効しました。核軍縮の前進につながるか注目されています。

特集一覧

田上・長崎市長「5カ国、リーダーシップ発揮を」 核禁条約発効1年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
田上富久・長崎市長
田上富久・長崎市長

 核兵器を非人道的で違法と定める核兵器禁止条約が発効して22日で1年を迎えるのを前に、松井一実・広島市長と、田上富久・長崎市長が毎日新聞にメッセージを寄せた。

田上富久・長崎市長

 核兵器を巡る状況は、世界の終わりまでの残り時間を示す「終末時計」が3年連続で過去最短の100秒と発表されたことからわかるように、とても厳しい状態が続いています。

 その一方で、年が明けてすぐの1月4日に、いいニュースが届きました。核保有5カ国が「核戦争を防ぎ、軍拡競争を避けることについての共同声明」を発したというのです。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文686文字)

【核兵器禁止条約】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集