「ヒルは木から落ちてこない」 子の無垢な好奇心、俗説次々覆す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ヒルが木から落ちてくるか調査する子供たち=2017年6月(樋口大良さん提供)
ヒルが木から落ちてくるか調査する子供たち=2017年6月(樋口大良さん提供)

 嫌われ者のヤマビルを調べている「子どもヤマビル研究会(略称・ヒル研)」(三重県いなべ市大安町)の活動成果をまとめた本「ヒルは木から落ちてこない。」(山と渓谷社)が2021年9月の刊行後、反響を呼んでいる。「子どもたちの探究心に驚かされた」など感嘆の声が次々と上がっているのだ。登山者らが信じ続けてきた「ヒルは木から落ちてくる」という俗説を実証実験で覆した“新発見”をはじめ、謎に満ちたヒルの生態を次々と解明しようとする子らの無垢(むく)な好奇心が読者の琴線に触れたようだ。【松本宣良】

 ヒル研が発足したのは約10年前。元小学教諭の樋口大良さん(75)が自然体験学習の臨時指導員をしていた時、最初はヤマビルを気持ち悪がっていた子らが、慣れてくると平気でヒルを捕まえ、目を輝かせている姿を見て「教材として活用できないか」と思い立ったのがきっかけだ。

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1504文字)

あわせて読みたい

ニュース特集