友野一希がSP2位「史上最高の自分へもっと」 4大陸フィギュア

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子SP、友野一希の演技=タリンで2022年1月21日、AP
男子SP、友野一希の演技=タリンで2022年1月21日、AP

 フィギュアスケートの4大陸選手権第2日は21日、タリンで行われ、男子ショートプログラム(SP)で友野一希(セントラルスポーツ)がサルコウ、トーループの2種類の4回転ジャンプを決め、自己ベストの97・10点で2位につけた。演技後の友野の談話は次の通り。

 初めて自分の中で優勝を目指したいと(思って)練習を積んできた。全日本でやり残したことを4大陸で、史上最高の自分を出せるようにもっと上を目指し…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集