特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

5~11歳へのワクチン接種、注意すべき点は? 医師が考える意義

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国立病院機構三重病院の菅秀副院長=本人提供
国立病院機構三重病院の菅秀副院長=本人提供

 新型コロナウイルスの5~11歳用のワクチンが3月にも国内で実用化されます。厚生労働省は米ファイザー社製を薬事承認したことを受け、予防接種法に基づき具体的な対応を正式に決める方針ですが、子どもの接種の必要性を巡っては大人と異なる論点もあります。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が急拡大する中、子どもたちへの接種をどのように進めるべきか、日本小児科学会の予防接種・感染症対策委員会委員も務める国立病院機構三重病院の菅秀(すが・しげる)副院長(小児科)に聞きました。【聞き手・横田愛】

 ――オミクロン株の感染が拡大しています。子どもの感染も増えているのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2296文字(全文2584文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集