11施設、命名権を公募 足利市、野球場や体育館など /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 足利市は20日、市総合運動場の硬式野球場や市民体育館など11施設について、それぞれに愛称を付ける権利を与えるネーミングライツパートナーを公募すると発表した。契約期間は来年4月から5年間で、命名権料は施設によって年額30万~100万円以上を見込んでいる。

 市総合政策課によると、公募するのは、両施設の…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

あわせて読みたい

ニュース特集