3度目優勝に王手 御嶽海、大関昇進たぐり寄せるか 大相撲初場所

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
御嶽海(右)が送り出しで宝富士を降す=東京・両国国技館で2022年1月22日、西夏生撮影
御嶽海(右)が送り出しで宝富士を降す=東京・両国国技館で2022年1月22日、西夏生撮影

 大相撲初場所14日目は22日、東京・両国国技館で行われ、関脇の御嶽海が平幕の宝富士を破り、2敗を守って単独トップに立った。23日の千秋楽で横綱・照ノ富士を破れば3度目の優勝が決まる。

 思い通りに体が動き、狙い通りの相撲を取って、番付の差の通り相手を圧倒した。関脇の御嶽海が平幕の宝富士を破り、唯一2敗を守って3度目の優勝に王手をかけた。

 左四つが強烈な宝富士に、得意な型を出させなかったのが相撲の妙。「まわしを取られないようにすれば、苦手ではない」と御嶽海は見切っていた。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文640文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集