警察官の盗撮はなぜなくならないか 「感覚まひ」「ハードル低い」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「警察官は盗撮のハードルが下がりやすい」と分析し、研修や職員教育強化の必要性に言及する斉藤章佳さん=神奈川県鎌倉市の大船榎本クリニックで2022年1月17日午後2時1分、洪玟香撮影
「警察官は盗撮のハードルが下がりやすい」と分析し、研修や職員教育強化の必要性に言及する斉藤章佳さん=神奈川県鎌倉市の大船榎本クリニックで2022年1月17日午後2時1分、洪玟香撮影

 盗撮をして懲戒処分される警察官が後を絶たない。問題行為に至る警察官は全体から見ればごく一部ではあるものの、本来は盗撮を取り締まる立場にありながら、なぜ卑劣な行動に及んでしまうのか。実際に処分を受けた元警察官から話を聞き、再犯防止プログラムを担当している専門家は、業務の特殊性が盗撮のハードルを低くしているとみる。

 警察庁によると、統計が残る2014年以降、全国で毎年20人前後の警察官と警察職員が女性のスカート内をスマートフォンで盗撮するなどして懲戒処分を受けている。その人数は20年までの7年で計148人に上った。1月も…

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1551文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集