三原舞依「全日本の悔しさ晴らせたかな」フィギュア4大陸選手権V

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フィギュアスケート4大陸選手権女子フリーで優勝した三原舞依=タリンで2022年1月22日、AP
フィギュアスケート4大陸選手権女子フリーで優勝した三原舞依=タリンで2022年1月22日、AP

 フィギュアスケートの4大陸選手権第3日は22日、エストニアの首都タリンで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(シスメックス)が145・41点でフリーも1位となり、合計218・03点で、5年ぶり2回目の優勝を果たした。フリー、合計とも自己ベストを更新した。日本女子の複数回優勝は、村主章枝、浅田真央、紀平梨花(トヨタ自動車)に続いて4人目。優勝が決まると、三原は歓喜の涙を流した。演技後の三原の談話は次の通り。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文656文字)

あわせて読みたい

ニュース特集