選抜女子駅伝北九州大会、デンソーV 高校の部は筑紫女学園が優勝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一般の部1位でフィニッシュするデンソーのアンカー・松本夢佳=北九州市小倉北区で2022年1月23日、徳野仁子撮影
一般の部1位でフィニッシュするデンソーのアンカー・松本夢佳=北九州市小倉北区で2022年1月23日、徳野仁子撮影

 新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催となった第33回選抜女子駅伝北九州大会(毎日新聞社など主催)は23日、北九州市であり、高校の部は筑紫女学園が26年ぶり5回目の優勝を飾った。一般の部と一斉スタートで同じ距離を1人多い6人でつなぎ、一般の部を制したデンソーに先着した。高校チームが一般の優勝チームを上回るのは2013年の立命館宇治、18年の大阪薫英女学院に続き3回目。全体では名城大・豊田自動織機TC連合がオープン参加…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

あわせて読みたい

ニュース特集