御嶽海が3回目の優勝 横綱・照ノ富士を破る 大相撲初場所

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
激しく攻め合う御嶽海(左)と照ノ富士=東京・両国国技館で2022年1月23日、長谷川直亮撮影
激しく攻め合う御嶽海(左)と照ノ富士=東京・両国国技館で2022年1月23日、長谷川直亮撮影

 大相撲初場所千秋楽は23日、東京・両国国技館で行われ、東関脇・御嶽海(29)=本名・大道久司、長野県出身、出羽海部屋=が13勝2敗で2019年秋場所以来、通算3回目の幕内優勝を果たした。御嶽海は初場所後の大関昇進が確実になった。

 結びの一番で103年ぶりとなる新横綱から3場所連続優勝を狙った照ノ富士を破った。番付編成を担当する日本相撲協会審判部…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集