11勝の豊昇龍、充実の表情「男前になったと思う」 初場所千秋楽

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
豊昇龍(奥)が寄り切りで正代を破る=東京・両国国技館で2022年1月22日、西夏生撮影
豊昇龍(奥)が寄り切りで正代を破る=東京・両国国技館で2022年1月22日、西夏生撮影

 大相撲初場所千秋楽は23日、東京・両国国技館で行われ、平幕の豊昇龍は碧山を下手投げで降し、11勝4敗で終えた。前日の大関・正代戦で顔から土俵に落ち、すりむいた額が赤くなっていたが、充実した表情で今場所を振り返った。主なコメントは次の通り。

 (オンライン取材で自らの顔を見て)顔やばっ。

 2桁勝った。集中がよくできて、良い相撲…

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文242文字)

あわせて読みたい

ニュース特集