特集

サッカーキング

株式会社フロムワンのサッカー情報サイト「SOCCER KING」から、コラム、選手インタビュー、試合リポートなどサッカーにまつわるあらゆるニュースを配信。

特集一覧

サッカーキング

ブレントフォードvsウルヴス戦で2度プレー中断…前半の追加タイムは19分に

情報提供サッカーキング

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スタジアム上空に姿を現したドローン [写真]=Getty Images 拡大
スタジアム上空に姿を現したドローン [写真]=Getty Images
 22日、プレミアリーグ第23節のブレントフォードvsウォルヴァーハンプトン戦で、2度に渡り試合が中断するアクシデントが発生した。イギリスメディア『スカイスポーツ』や『BBC』などが伝えている。

 まず、前半21分にブレントフォードのデンマーク代表MFマティアス・イェンセンとイングランド人DFリコ・ヘンリーがロングボールの処理において、頭同士で衝突。治療による6分間の中断をはさみ、両選手とも脳震とうによる交代でピッチを後にした。

 続いて、前半28分に今度はブレントフォード・コミュニティ・スタジアムの上空にドローンが出現。この試合を裁いたピーター・バンクス主審は、即座に試合を中断し、両チームの選手たちを一度ドレッシングルームへ戻した。なお、中断から20分後にドローンは姿を消し、前半51分から試合再開となった。

 これらの相次ぐアクシデントにより、前半のアディショナルタイムは19分を数え、前半終了のホイッスルは71分25秒に吹かれることになった。試合自体はポルトガル代表MFジョアン・モウチーニョと同代表MFルベン・ネヴェスのゴールでアウェーのウォルヴァーハンプトンが2-1で勝利している。

 試合後、ウォルヴァーハンプトンのブルーノ・ラージ監督は「奇妙な前半だった。彼らは何が起こったのか理解しようとし、ドローンを操作する人を見つけようとした。我々は控え室に戻って試合について少し話した」と語った。

 また、ブレントフォードのトーマス・フランク監督もコメントを残し、「クレイジーなゲームで、100%負けるに値しなかった。2つの脳震とうとドローン出現の件で中断するまで素晴らしいスタートだった。アグレッシブで、ブレイクタイムまでは良かったが、その後はウルヴスの方が良かった」と話している。

 相次ぐアクシデントに振り回された両チーム。次節は代表ウィークをはさみ、ブレントフォードは2月9日にマンチェスター・Cとのアウェーゲームを戦う。一方、ウォルヴァーハンプトンは同10日にホームでアーセナルとの対戦が予定されている。

【関連記事】
●好調のL・デ・ヨング、バルサ残留を希望「また控えになったとしても…」
●バロテッリがイタリア代表に電撃復帰? 恩師マンチーニが招集へ
●プレミア初得点は“スコーピオン”弾! ノリッジFWサージェントが自賛「本能でやった」
●アーセナル、ヴラホヴィッチ獲得でクラブ間合意? 週給約2500万円のオファー提示か
●チェルシーOBがツィエクの得点後の姿勢に苦言「他の選手としてもいい気はしない」

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集