連載

今どきの歴史

歴史研究の最前線や新たな知見、話題のテーマなどを取り上げます。

連載一覧

今どきの歴史

現代社会を映す「荘園制」 ふるさと納税の中世版?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伊藤俊一・名城大教授
伊藤俊一・名城大教授

 日本史の中でもわかりにくさでは突出する荘園を描いた本が、なぜか読まれている。『荘園』(中公新書)。昨年9月下旬に刊行され、現在、7刷・5万4000部。「今も引き続き好調。意外です」と編集者も話す。「ふるさと納税は、荘園制みたいなものですよ」と説明する著者の伊藤俊一・名城大教授(日本中世史)に聞いた。

 「荘園は中世社会の基幹的制度である」と、序文にある。こう聞いて違和感を覚えた方は、昔の知識が更新されずにいる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り1423文字(全文1636文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集